「わんタクト」

【2018/8/17】

株式会社シードが、動物医療機器事業に新規参入し、

第一弾として、犬種ごとの眼の形や大きさに合わせてコンタクトレンズの規格をカスタマイズした、角膜保護のための犬用バンテージコンタクトレンズ「わんタクト」を8月1日より発売しました(U^ェ^U)

 

この製品は、犬の角膜障害の緩和や角膜保護を目的とした治療用コンタクトレンズです。

犬種ごとに眼の形や大きさを解析し、角膜上で適度に動きながらも脱落しにくい設計が特長との事です。

国内一貫生産のコンタクトレンズとして“耐汚染性”“高い保湿性”“UV カット機能”といった特長に好評を得ている「シード ピュアシリーズ」の素材を採用しています。

 

記事

http://news.jprpet.com/news/detail/10175/

 

当然ながら、犬たちは言葉が話せません。

飼い主の私たちが、愛犬の行動や仕草で感じ取り、必要に応じて使用してみるのもいいですね。

【2018/8/17】

PAGE TOP