「殺処分ゼロ」の定義を明確に(環境省)

【2018/5/6】

環境省は、自治体が掲げる犬猫の「殺処分ゼロ」の定義を明確化し、譲渡が難しいケースを除外する方針を固めました。

引き取った人がかまれる事故や感染症の流行を防ぐのが狙いで、今年度に改定予定の動物愛護に関する指針に盛り込む予定です。

 

環境省としては、譲渡が難しい個体の殺処分はやむを得ないとの考え。

東京都など「殺処分ゼロ」を目指す自治体の一部は、既に対象を譲渡に適した犬猫に絞っており、同省も譲渡困難な犬猫を除いた集計を本格的に実施します。

 

詳しくは

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000013-jij-pol

 

 

 

【2018/5/6】

PAGE TOP