すし詰め状態で羊大量死(豪)

【2018/5/30】

オーストラリアで、羊などの家畜を生きたまま出荷する輸出を巡り、議論が紛糾しています。

中東へ向かう船にすし詰めにされた羊が、脱水症状などで次々に息絶える様子が伝えられたためで、畜産大国は対応に悩まされています。

問題の発端となったのは、動物愛護団体「アニマルズ・オーストラリア」が4月に公表した調査報告。

豪州の港で運搬船に載せられた食用羊が、中東に着くまでの3週間、狭く「オーブンのように熱せられた」船内に詰め込まれていたと告発する内容で、船内で多くの羊が息絶えている衝撃的な映像が公開されました。

 

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00050012-yom-int

 

牛や豚など、食用として飼われている生き物たちは、食用にされる直前までは、ストレスを与えず幸せな状態で…

と実施されている農場の方たちは沢山います。

同時に、「結果、殺されてしまうのではないか…」と反論の意見をお持ちの方もいます。

私たちは、生き物の「命」をいただき生活しています。

 

感謝し、そして、大切に食す事、

大切ですね。

 

【2018/5/30】

PAGE TOP