アニマルパス

【2018/4/16】

キツネなどの小動物が安全に移動できる道「アニマルパス」が、豊田自動織機東浦工場(愛知県東浦町緒川、石崎裕二工場長)の敷地内に整備され16日、完成式が行われました。

経路には、天敵のオオタカから動物が身を守るための常緑樹も植えられています。

アニマルパスは長さ約300メートルで、同工場北側に隣接する「自然環境学習の森」と工場内の調整池周辺や南側の森を結んでいます。

自然環境学習の森は約17ヘクタールの敷地内に竹林やクスノキの森などが広がっています。

キツネやタヌキなどが多数生息しているとみられていますが、中央には農道が走っており、例年キツネ数匹が車にはねられて死ぬ事故が起きているそうです。

そんな動物たちの車の事故を減らそうと野生の動物が行き来する道「アニマルパス」が作られました。

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00180092-nbnv-l23

 

素晴らしい取り組みですね。

今回はじめて「自然環境学習の森」のホームページを拝見しました。

家族で散策に行ってみたくなりました♡

ホームページ

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/i/soshiki/kankyo/kankyohozen/gyomu/mori/1452566830678.html

 

 

 

【2018/4/16】

PAGE TOP