アニマルポリス・ホットライン

【2015/2/12】

アニマルポリスとは、動物に関わる犯罪を取り締まる組織・職名のことです。

 法律に基づき、動物の虐待者や飼い主の義務違反を捜査・告訴・逮捕・指導すると共に、動物を保護する活動を行います。

日本では、「動物愛護法」があっても、それを取り締まる専門的執行機関がないために、法律が「絵に描いた餅」になっているのが現状です。

「アニマルポリス・ホットライン」の相談件数が昨年の設置から1年間で計194件にのぼったことが、兵庫県警の調べで分かりました。

設置直後に比べて相談は減少傾向といい、県警は「今後も広く知ってもらい、事件の未然防止につなげたい」としています。

同課によると虐待や遺棄のほか、餌付けや鳴き声に関する相談が13件、

インターネット上の情報に基づく相談も23件ありました。

 また、「管理能力のない団体が多数の動物を飼育している」などの情報を行政機関に引き継ぎました。

 同課は「ホットラインについて、より広く知ってもらい、情報を寄せてほしい」としています。

【同ホットラインTEL:078・371・8974(月~金曜、午前9~午後5時半)】

 

(アニマルポリス記事より抜粋 http://animalpolice.net/animalpolice/index.html)

【2015/2/12】

PAGE TOP