イノシシ2頭、ダムに転落

【2018/10/25】

北九州市門司区の小森江川にある砂防ダムにイノシシ2頭が転落して脱出できなくなっています。

イノシシが見つかった13日以降、テレビなどで広く報じられたこともあり、市には救出を求める声が200件以上寄せられたそうです。

施設管理者の福岡県北九州県土整備事務所は市と協議し、24日、脱出用スロープを設置。

…お腹がすいたら、登ってきてくれるとみています。

 

鳥獣保護法で、野生動物がアクシデントに見舞われても手出しをしないと定めており、むやみに近づく事ができない為、設置したスロープにて脱出してくれるのを見守るしかありません。

 

 

近隣の方はイノシシに食べ物をあげる事のないようにして下さい。

 

【2018/10/25】

PAGE TOP