ウォンディウォイキノボリカンガルー

【2018/9/29】

あまり聞きなれない言葉ですが、

「ウォンディウォイキノボリカンガルー」

とても珍しい動物で、1世紀近く姿を消していたため、すでに絶滅したと考えられてきました。

 

しかし…英国のアマチュア植物学者がインドネシア西パプア州のウォンディウォイ山地に入り、標高約1500メートル地点の竹林を探検していたとき、ついにウォンディウォイキノボリカンガルーを発見しました!!

 

1928年、欧米の科学者たちに発見されたのが最後だったそうです。

凄い!!

 

絶滅したと思われた生き物が、実は生きていたなんて…

夢が広がります。

過去に絶滅宣言を受けた生き物たちも、もしかしたら…

もしかするかもしれません(*´∇`*)

 

想像が膨らみます。

 

記事

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092700100/?ST=m_news

 

 

 

 

【2018/9/29】

PAGE TOP