カピバラに独自のがん免疫療法

【2018/10/2】

2018年のノーベル生理学・医学賞に、京都大学の特別教授の本庶佑氏が選ばれました。

ご存知の方も多いかと思います。

本庶氏は、免疫をつかさどる細胞の表面にある「PD-1」という新たな分子を発見しました。

この分子が、免疫活動のブレーキ役を果たすことを突き止め、この発見が、新しいタイプのがん治療薬「オプジーボ」の開発につながりました。

 

癌には、薬物や放射線治療などに頼る方法が多く見られましたが、本庶氏が今回開発したのは、私たちが本来持っている、直そうとする免疫力を使い癌を攻撃する治療薬です。

 

医学はどんどん進化していきますね。

素晴らしい!

 

 

動物界には、その癌に対してのすごい免疫力をもつ動物が研究者によって発表されました。

 

「カピバラ」です。

 

カピバラのゲノムが示していたのは、分裂が速すぎる細胞を見つけて破壊する免疫システムです。

他の動物よりもはるかに優れているそうです。

つまり、カピバラは独自のがん免疫療法を進化させてきたと言うのです!

詳しくは

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/100200236/?ST=m_news

 

自然界にいる動物たちは、病気になっても自力で治すしかありません。

進化の過程で、病気などに打ち勝つ免疫力を増やしていってる動物たちは、凄いです!

 

 

 

【2018/10/2】

PAGE TOP