クルーズ船襲ったホッキョクグマ射殺

【2018/7/29】

昨日に続き、またクマの記事です。

 

今回は、北極海に浮かぶノルウェー領の島でおきてしまいました。

 

島に上陸したドイツのクルーズ客船の乗員1人が28日、ホッキョクグマに襲われ頭部を負傷。

 

搬送先のトロムソ病院によると、幸い、男性の命に別条はなく、容体は安定しているとの事です。

 

しかし、クマはその場で射殺されました。

 

ノルウェーでは1973年からホッキョクグマを保護。

2015年の個体数調査によると、スバルバル諸島における生息数は約1000頭との事。

【翻訳編集】 AFPBB News

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000001-jij_afp-int

 

記事を読んでいくと…

どうやら他の船などは、動物が近くにいる時には上陸をせずに…という対策をとっているようです。

今回はホッキョクグマが近くにいる事を見落としてしまっていたのでしょうか…?

 

 

 

 

【2018/7/29】

PAGE TOP