コウノトリ 学校の校庭で産卵

【2019/3/12】

島根県雲南市大東町の市立西小学校校庭の人工巣塔に巣を作った国の特別天然記念物・コウノトリのペアが産卵したと推定される事が発表されました。

国内の野生コウノトリが1971年に絶滅した後、雲南市内での産卵は3年連続で、小学校の校庭での産卵は中四国初との事です。

 

記事

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/region/mainichi-20190309k0000m040068000c.html

 

小学生の子供たちもきっと、興味津々ですね。

大切な命ですので、あまり騒いだり近くに行く事が出来ないのが、もどかしいですが、順調にいけば4月上旬にふ化、6月に巣立つので、優しく見守ってあげましょうね…

 

【2019/3/12】

PAGE TOP