タイ最古の動物園閉園

【2018/10/4】

タイの首都バンコクの中心部にある国内最古の動物園「ドゥシット動物園」が9月30日をもって、80年の歴史に幕を閉じました。

 

1938年に開園し、ゾウ、キリン、カバなどのおなじみの動物や、数々の鳥類、爬虫類などが市民や観光客らを楽しませてきました。

園内には緑や池もあり、散策目的に訪れる人も多かったそうです。

 

当初は8月末に閉園する予定だったのですが、あまりに訪れる人が多く、9月末まで延期されたとの事。

新たな動物園は3年以内にバンコク近郊に整備される予定で、動物たちはそれまで、国内の六つの動物園に分散して移されます。

 

80年も続く動物園…凄いですね。

この動物園に思い出がある方には、とても寂しいですが、今いる動物たちは、また、新たな動物園で見る事が出来るのは嬉しいですね。

 

 

【2018/10/4】

PAGE TOP