ダックスフンド博物館(ドイツ)

【2018/3/31】

ダックスフンドは、私の実家で以前飼っていました。

もう亡くなってしまいましたが、生前は、祖母と毎日同じベッドで寝ていて、とても人懐っこい愛犬でした。

 

原産国のドイツでは、スタンダードでもカニンヘンでもすべてのダックスフンドは、犬種成立から現代に至るまで猟犬です。

アナグマ猟で働くダックスフンドは、アナグマの巣穴に入り込める個体が大切にされ、選択交配がされてきました。体長が体高の2倍近くになるという独特のプロポーションはここから生まれることになったそうです。

 

そんなダックスフンドの博物館が来週ドイツでオープンします。

場所は、バイエルン州の都市パッサウ。

展示品は2000以上で、犬の形のパンや小型の金の像などを見ることができます。

博物館を開いたのはダックスフントを愛する飼い主たちです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000057-reut-eurp

 

きっと素敵な博物館なんでしょうね…♡

 

 

 

 

 

 

【2018/3/31】

PAGE TOP