ハスキー犬に咬まれた事件

【2015/7/16】

14日午後3時20分ごろ、北海道遠軽町丸瀬布上武利の住宅敷地内で、女性が倒れて死亡しているのを遠軽署員が発見。

近くに大型犬(ハスキー犬)が4頭いたそうです...

女性の胸や両腕にかまれたような痕があり、署は、女性が犬にかまれて死亡したとみて調査中です。

この4頭の飼い主は、知人男性の犬で、この男性によると、

「道外に出かけるため、ブリーダーの女性に犬の世話を頼んだ」と話しているそうです。

 

ハスキー犬といえば、

社会性が強く、所属集団(飼育環境下であれば飼主とその家族、他の飼育動物などをもって集団と判断する)への帰属意識・回帰性は高く、ひとたびそこが自らの所属すべき集団であると自覚すれば飼い主への忠誠、その家の児童・幼児に対する親和性はもちろん、そこで飼育される他の小動物、場合によっては爬虫類ペットに至るまで同じ所属員とみなして融和性を発揮するため、適正に育成されれば、基本的には幼児がいたり、他の小動物ペットを飼育している家庭に同居しても問題はない。

と書かれているくらい、賢い犬です。

 

この4頭になにかしらのストレス攻撃せざるおえない状況に陥ったとしか考えられません。

 

【2015/7/16】

PAGE TOP