パンダの誕生を目指し、人工授精

【2015/7/23】

現在、国内でジャイアントパンダが飼育されているのは、

兵庫県と和歌山県の施設と上野動物園の3か所だけです。

 

上野動物園(東京)は、待望のジャイアントパンダの赤ちゃんの誕生を目指し、

これまで進めてきた自然交配による繁殖に加え、

人工授精を早ければこの秋にも行う準備を進めていることが分かりました。

赤ちゃんパンダが誕生し順調に成長すれば、上野動物園では平成に入って初の事だそうです・・・(^o^)

 

上野動物園によると、ジャイアントパンダの生息数は世界中でおよそ2200頭で、絶滅のおそれがあるとされています。

中国なんかでは、よく、パンダの繁殖に成功!?なんてニュースをよく見かけますが、世界全体規模で見ると数が減少してきているんですね・・・

パンダは誰からも愛される人気者ですが、その陰では飼育員さんやその周りにいる関係者の方々の並々ならぬ苦労があるんですね。

 

【2015/7/23】

PAGE TOP