ペットにかける年間支出は犬猫ともに増加傾向

【2015/2/23】

アニコム損害保険株式会社が、契約者に対してインターネット上で、2014年の1年間にペットにかけた費用(年間支出)に関する調査を行ったところ、犬が前年比108.5%、猫が前年比106.7%で、犬猫ともに増加傾向がみられました。

「病気やケガの治療費」は、犬が前年比107.3%、猫では前年比140.1%と増えており、

若齢では誤飲事故や骨折による手術、アレルギーなど定期的な通院が必要な疾患の発症など。

10歳以上になると、

犬では歯周病による抜歯、白内障の治療や心臓病、腫瘍疾患などの継続治療が、

猫では腎臓病、糖尿病などの継続治療が挙がり、人間同様の傾向がみられました。

■犬の回答で目を引いたのは前年比119.0%増の「しつけ・トレーニング料」

増加の要因として、従来の「しつけ教室」に加えて、「犬の幼稚園・保育園に通うようになった」などの回答がみられ、しつけや社会化を行う「犬の幼稚園・保育園」が、飼い主の間に浸透してきていることがうかがえます。

■猫では、「シャンプー・カット・トリミング料」が127.8%増で、特に長毛の猫では「毛玉取りの費用」が挙がっています。

また、「アレルギー、皮膚病の予防を考えて」という飼い主の意識の変化もみられました。

 2015年の1年間にペットにかける費用の見込みは、

「増加する見込み」が30.8%、「変わらない見込み」が48.3%で、

「減少する見込み」10.1%を大きく上回りました。

「増加する」要因としては、「シニア期に入ったので健康診断の回数を増やす予定」「病気が多くなるかもしれない」など、

年齢の上昇に伴う医療費の増加見込みが多くみられました。

「治療費と健康診断費に比重を置き、健康維持に心がけたいと思う」という声に代表されるように、ペットの健康な毎日を願い、愛情と費用をかける飼い主の姿がうかがえます。

(アニコム損保記事より抜粋)

【2015/2/23】

PAGE TOP