ペットの熱中症

【2015/7/27】

今年は、全国的に異常な暑さが続いていますね。

 

お散歩が大好きなペットやひなたぼっこが好きな猫たち・・・

動物園の動物たちもヘトヘトになっている姿を目にします(>_<)

 

熱中症は、若く元気で健康なペットであっても、死亡してしまう病気です。

私たち人間は、体の温度(体温)を常に一定に保って体のさまざまな働きを維持しています。

しかし、犬や猫は人間のように全身で汗をかき、体温を下げることのできる動物ではなく、

呼吸による換気が唯一体温を下げる方法であるため、

体温が高温になるとなかなか体温を下げられず、

熱中症になりやすくなります。

 

高温時の外でのお散歩は避けてください。

特にアスファルトでは、ペットは人よりも地面に近いため、

人間が感じているよりも高温になっています。

とくに足の短いワンちゃんには危険です!

 

■ペットたちが、口を大きく開けたまま苦しそうに速い呼吸をしていたり、
■よだれ(体内の水分が消失している可能性)を垂らし、苦しそうにしたら、要注意してください。

 

上記のような症状が現れたときは、

●冷水を飲ませたり

●水をしみこませたタオルでペットの体温をさげたり

●エアコンの効いている場所で休ませたり

してあげてください。

また、意識朦朧としていたり、グッタリした状態が続く場合は、

出来るだけ早く、病院へ連れて行ってあげてください。

 

 

 

【2015/7/27】

PAGE TOP