ペットショップで購入した子犬が…

【2018/5/14】

ペットショップで購入した子犬が、成長すると違う動物になっていた…?

なんて、日本ではありえませんね。

 

これは、中国で起きた記事です。

中国の山西省晋中市に住むワンさんは昨年7月、ペットショップで「日本スピッツ」の仔犬を1200元(約2万円)で購入しました。

しかしワンさんは3か月が過ぎた頃、仔犬に対して何かが違うと感じたそうです。

しだいに、仔犬の尾は長く太くなり、鼻先が尖ってきて…

ワンさんが散歩に連れて行くと、なぜか他の犬が仔犬を怖がっているように見えたことから、常にリードをしっかりとつけて散歩していたそうです。

 

心配になり、専門家に調べてもらうと…

診断結果は、「キツネ」でした。

 

その後、動物園へ譲渡されました。

記事

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180514-09255914-techinq

 

日本では、生まれた場所や提供者などの情報が記されていますが、この方が購入した時にはどのような状況だったのでしょうか?

キツネであっても、共に過ごした時間はきっとかけがえのない日だったと思います。

 

ペットショップの責任は大きいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018/5/14】

PAGE TOP