ミカンコミバエ

【2015/11/19】

ミカンコミバエとは、双翅目ミバエ科の昆虫です。

ミカンなど熱帯性の果実や、ナス・トマト・ピーマンなどの果肉を食害する農業害虫であり、

根絶されたといわれていました。

 

しかし、このミカンコミバエが奄美大島で多数の侵入が確認されています。

この事態により、農林水産省は、ポンカンなどの農作物について12月13日から島外への出荷を制限する省令を定めました。

ハエが付着していないと検査で認められない限り、島外へ出荷できないとのことです(≧◇≦)

 

南国の奄美大島はマンゴーやパパイヤ、バナナ等・・・美味しい食べ物が沢山あります。

一刻も早い駆除を願います。

【2015/11/19】

PAGE TOP