保護犬からセラピー犬へ(徳島県)

【2019/9/11】

2015年から、徳島県動物愛護管理センター(神山町)では、保護した犬を訓練し、福祉施設や学校を慰問するセラピー犬(ふれあい活動犬)を育てる活動をしています。

これまでに49匹を認定。

高齢者や子どもらにぬくもりや命の大切さを伝えています。

 

しかし…訓練を希望する飼い主が少ないのが課題で、センターは利用を呼び掛けています。

 

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-03255983-tokushimav-l36

 

世界中にいるセラピー犬たち。

私たちの心を癒し、不安を取り除いてくれる不思議な力を持つセラピー犬はなくてはならない存在です。

 

感謝してもしきれません…♡

【2019/9/11】

PAGE TOP