保護猫施設、クラウドファンディングで資金集め

【2019/1/8】

いつからか…クラウドファンディングという言葉をよく耳にするようになりました。

ネット社会のこの世の中で、使い方によっては、とても良いアイデアだと思います。

動物愛護のお仕事、ボランティア活動をされている方々は、このシステムをフル活用して欲しいです。

やはり、保護犬、猫を育てていくには何と言ってもお金が必要です。

飼育環境を整えたり、食事を用意するには、多額の費用がかかります。

 

名古屋にある保護猫シェルターもクラウドファンディングで募金を募っています。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/112711

 

猫を保護するシェルター新設のため、名古屋の動物愛護団体「花の木シェルター」が、インターネット上の「クラウドファンディングで約600万円の寄付を募っています。猫の多頭飼育をしていた姉妹が愛知県警に摘発されて以降、飼いきれなくなった飼い主の相談が後を絶たず、対応が追いつかない市の収容施設の受け皿として民間が動きました。

 

詳しくは上記のアドレスにアクセスしてみて下さい。

 

 

 

 

【2019/1/8】

PAGE TOP