処分したい犬猫を有料で引き取る業者

【2018/6/24】

「動物の愛護及び管理に関する法律」の平成25年(2013年)の改正前までは、業者は売れ残った犬猫を自治体に持ち込み、ほとんどが殺処分されていました。

しかし、法改正後は、行政が犬猫の引き取りを拒否できるようになりました。

 

しかし…

 

そうして行き場のなくなった、売れ残った犬猫の受け入れ先として存在感を増してきたのが、通称“引き取り屋”と呼ばれる過剰在庫処理業者です。

 

引き取り自体は、違法ではありません。

しかし、適切な世話をせずに衰弱させるなどの虐待が疑われるケースが非常に多いのが現実です。

 

私の家の近くにもペットショップがあります。

支店がいくつもあるショップの為、長く売れない犬猫たちは、何故か「ある支店」へ行ってしまいます。

そこの支店へ行くと半額以下になります。

ネットに掲載されているので、気になっていつも見ています。

何日かして、その犬猫たちが消去されていると「飼い主が見つかる(売れた)」ということなんですが…

本当に新しい飼い主が見つかったのだろうか…

まさか、処分されてないよね…

と、良からぬ思いばかりが頭をよぎります。

 

 

 

【2018/6/24】

PAGE TOP