動物虐待での法定刑を2倍に…

【2019/5/31】

衆院環境委員会は31日、超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」が取りまとめた動物愛護法改正案を委員長提案とすることを全会一致で可決しました。

6月6日に衆院本会議で可決され、参院に送られる見込みです。

改正案は、虐待罪(殺傷)の法定刑を現行の2倍以上となる5年以下の懲役(または500万円以下の罰金)に引き上げる罰則強化や、犬猫へのマイクロチップ装着の義務化、生後56日を経過しない犬猫の販売を禁止する等…

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00050318-yom-pol

 

言葉の話せない動物たちに代わり、動物愛護法は、これからも刑をもっと重くしていって欲しいです。

動物たちの命を簡単に奪い、虐待し、飼育放棄をし、許される世の中では絶対にダメです。

見て見ぬ振りはできません。

【2019/5/31】

PAGE TOP