千葉県市川市で猫の不審死

【2017/11/3】

今月2日朝、千葉県市川市大野町4の携帯電話会社の基地局内で、猫の切断された頭部を近所の女性が見つけ同市に通報がありました。

同署員が周囲を捜索したところ、基地局近くの路上で、この猫のものと思われる二つに切断された胴体を発見。

猫は茶と黒と白の三毛猫で体長約50センチほど。

発見者の女性はこの猫に毎朝えさをあげており、1日朝にも姿を見たそうです。

基地局は無人で、約1・8メートルの金網フェンスに囲まれ、入り口は施錠されており、侵入した形跡はないとの事です。

 

市川市内では7月にも、駐車場のフェンスにつるされたネコの死骸が見つかっています。

 

 

この世に授かった大切な命の灯火を消さないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017/11/3】

PAGE TOP