単為生殖

【2015/6/9】

wikipediaによると

単為生殖(たんいせいしょく、英語:parthenogenesis)とは、一般には有性生殖する生物で雌が単独で子を作ることを指す。

正確に言えば、単為生殖とは、本来は接合によって新しい個体を生ずるはずの生殖細胞が、接合を経ることなく新しい個体を形成することである。

たとえば、卵といわれるものは、精子が入って受精が行われることで発生が始まり、新たな個体へと成長するものである。

ところが、卵が受精を経ずに発生を始める例があり、このようなものを単為生殖と呼ぶのである。

と書かれています。

 

(゜o゜)これって、すごい事ですよね!

(あたりまえですが・・・)人間ではありえない。。

単為生殖は、サメやヘビ、鳥などにもみられるそうですが、今回ニュースになったのが、

ノコギリエイの1種で、絶滅が危惧されているスモールトゥース・ソーフィッシュ。

野生のエイの仲間で確認されたのは今回が初めてだそうです。

 

どういう経緯でそうなったのか・・・

きちんと調べてみたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【2015/6/9】

PAGE TOP