同居訓練中に死亡した雌のマレーグマ

【2015/8/19】

札幌市円山動物園でマレーグマの雌のウッチー(推定30歳以上)が同居訓練中、

若い雄に襲われて死亡しました。

同園は10日、訓練の監視体制の不備を認める事故報告書を市保健所に提出。

 

ある方のブログにて、雄クマが雌のウッチーに襲いかかる動画をみました。

何度も咬み付かれ、逃げようにも、覆いかぶされ、しだいに体がボロボロに・・・

とてもかわいそうでかわいそうで、ショックでした。

その動画には、園に見に来ているお客さんもたくさんいたような声が入っていました。

どなたか、飼育員にこの現状を伝えたのでしょうか?

かなり長い時間、雌クマのウッチーは雄クマに襲われていたような気がします。

 

このような事が度々起こると、

動物園での動物たちの見方がかわりそうです・・・(-_-)

園に来ている私たちも、注意して観賞し、

動物たちが、何か不審な動きや行動をしていたら、

すぐに飼育員に伝えないといけないですね。

 

 

 

【2015/8/19】

PAGE TOP