和歌山アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃん誕生

【2018/8/15】

国内最多の5頭のジャイアントパンダを飼育している和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は15日、良浜(ラウヒン)17歳が雌の赤ちゃん1頭を出産したと発表しました。

同施設でパンダの赤ちゃんが誕生したのは約2年ぶりとの事です。

 

 

パンダの赤ちゃんは14日午後10時32分に生まれました。

全長15・5センチ、体重75グラムと小さく、自力で母乳を吸うことができないことなどから保育器に移され、スタッフが見守っているそうです。

 

今回出産した良浜は、雄の「永明(エイメイ)」(25歳)との間に平成26年12月、双子の「桜浜(オウヒン)」「桃浜(トウヒン)」(いずれも雌、3歳)や28年9月に雌の「結浜(ユイヒン)」(1歳)など5回の出産を経験。計8頭の赤ちゃんを産んでおり、今回で9頭目だそうです!(≧∇≦)♡

 

ベテランママさんですね!

 

スクスク元気に育って下さ~い♡

 

 

 

【2018/8/15】

PAGE TOP