土用の丑の日の鰻

【2015/7/24】

今日、7月24日は、土用の丑の日の鰻です。

店頭には、何日か前から「土用の丑の日の鰻」のチラシが貼られてますね。

 

そもそも、土用の丑の日の鰻って言葉、いつから言われてるんでしょうか・・・?

 

一説によると・・・

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談した事がきっかけで、この言葉が始まったとされています。

この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」
という平賀源内の発案が功をそうし、うなぎ屋は大繁盛になったそうです。

実際には土用丑の日は、 春夏秋冬4季にわたってあります。

■春・・・4月19日

■夏・・・7月24日・8月5日

■秋・・・10月28日

■冬・・・1月13日・1月25日

なのに、現在うなぎを食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。

これは、当時の平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が『“夏の”土用丑の日』だったから、
現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となるそうです。

また、本来ウナギの旬は冬のため、 夏にウナギはあまり売れず、それを売る為だったという説が有力とされています。

 

ウナギは美味しいですよね~

(お値段がもっと安ければ・・・(-_-)/)

 

 

【2015/7/24】

PAGE TOP