多摩動物公園のタスマニアデビル死去

【2019/3/9】

2月7日、多摩動物公園のタスマニアデビルのメス「メイディーナ」が死亡しました。

メイディーナはオーストラリアのトロワナ・ワイルドライフパークで産まれ、5歳でした…。

来園は2016年5月31日でした。

昨年10月下旬から左眼球の突出、鼻出血が見られるようになり、その後の検査で左鼻腔内に悪性腫瘍の可能性が極めて高い病変があることが確認されたそうです。

その後は痛みを緩和する治療等を行っていましたが…2月7日天国へ旅立ちました。

多摩動物公園でのタスマニアデビルは、2017年11月7日に来園したオス2頭「テイマー」と「ダーウェント」の2頭となりました。

日本国内でタスマニアデビルを飼育しているのは多摩動物公園だけとの事で、家族でも何回か見に行きました。

名前とは裏腹に、とっても愛らしいタスマニアデビルは子供たちも大好きでした。

 

メイディーナ、安らかに…☆

 

 

【2019/3/9】

PAGE TOP