天王寺動物園、コアラの「ミク」が亡くなりました。

【2015/4/18】

16日、大阪市の天王寺動物園で飼育されている国内最高齢のコアラのミク(雄、23歳)が亡くなりました。

人間の年齢に換算すると100歳以上になるそうです。

ミクは1991年7月に天王寺動物園で生まれました。

今年3月19日ごろから食事の量が減ったため治療してきたのですが、

今月12日から全く食べなくなり、16日朝、亡くなっているのを見つけたそうです・・・(-_-)

 

こんなに長生きできたのも、天王寺動物園、職員の皆さんの心のこもった飼育のおかげでしょうね。

ミクはとてもいごこちが良かったことと思います。

天国へ行っても、天王寺動物園をこれからもずっと見守っていてくださいね♪

【2015/4/18】

PAGE TOP