小さな命を救うための啓発電車

【2018/6/2】

和歌山で小さな命を救うための啓発電車が走ります。


2018年6月18日(月)13:02伊太祈曽駅発 和歌山行よりスタート(3年間運行予定)

6月18日(月)12:45より和歌山電鐵 貴志川線 伊太祈曽駅にて出発式を行います。

犬猫の殺処分に関しては、平成28年度は113,799頭が行政の動物愛護センターへ持ち込まれ、55,998頭が殺処分されました。

特に、猫は殺処分数の8割以上を占めています。

・ペット禁止住宅で見つかってしまった
・増えてしまった
・アレルギー症状がでた
・世話や散歩の時間、体力がない
・高齢となったペットの介護がつらい
・飼い主の病気、死亡
・近隣からの苦情
・引っ越し

様々な理由で持ち込まれてきます。

 

そこで、猫を駅長として大切に育てている和歌山電鐵株式会社と公益財団法人 日本動物愛護協会がタッグを組み、ラッピング電車、車内掲示により、動物愛護について発信、啓発を行い、動物たち(特に猫)を幸せにする活動により、殺処分の低減を目指します。

記事

http://www.asahi.com/sp/and_M/information/pressrelease/CPRT201842847.html

 

 

 

 

【2018/6/2】

PAGE TOP