成田空港でヒアリ160匹確認

【2018/7/31】

環境省などは、31日、成田空港に空輸された貨物から強い毒を持つ外来種のヒアリ約160匹が見つかったと発表しました。

千葉県によると、ヒアリが見つかったのは米ダラスの空港から7月29日に空輸された工業製品を積んだコンテナの木製敷板。

生きたアリ約180匹のうち約160匹がヒアリでした

いずれも働きアリで、女王アリや卵は確認されていません。

アリはすべて殺虫処理されました。

 

 

国土交通省は、国際線が就航する全国の30空港に注意を呼びかけています。

 

最近あまりヒアリのニュースを聞かなくなった~

と思った矢先…

 

アリは、わずかな隙間も通ってしまうので、心配ですね…。

【2018/7/31】

PAGE TOP