東京港青海ふ頭で「ヒアリ」

【2019/6/18】

令和元年6月14日に東京都江東区の東京港青海ふ頭で発見されたアリについて、専門家 による種の同定の結果、6月18日に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と 確認されました。

環境省より

https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/topics/190618.pdf

 

当該アリは、同ふ頭内で作業中の港湾関係者が地面に落ちていた藁に付着している状態で 発見されました。
確認された個体については、既に全て殺虫処理し、確認地点周辺では、殺虫餌(ベイト剤) 等を設置しています。

平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和元年6月18日現 在で14都道府県、計39事例になります。

尚、今年度に入ってからは初確認となります。

 

ヒアリは、とても小さいので、どんな所から侵入してくるか分かりません。

そして、まだどこかにいて、私たちの目の届かない場所にいる可能性もなきにしもあらず…です。

むやみに触れたりしないように、充分ご注意下さい。

【2019/6/18】

PAGE TOP