潮干狩りで貝激減!?

【2019/5/2】

臨港道路浦添線開通後、沖縄県浦添市港川の海岸カーミージー(空寿崎)で潮干狩りをする人が急増したことから、海の生物の乱獲被害が指摘されています…

カーミージーは港川自治会や地元住民が観察、保全を続けてきた場所です。

浦添市環境保全課の方は「潮干狩りに来る人が増えてから生物が激減している」

「連休中、さらに多くの人が潮干狩りをすると、海が蘇生できなくなってしまうのではないか」

と危機感を募らせているそうです。

 

今現在、カーミージー入り口には、保全を呼び掛ける看板を設置していて、担当者は「自然を残すため、見て楽しんでほしい」と呼びかけています。

【2019/5/2】

PAGE TOP