猫の持ち込み 半年で1700匹

【2019/9/1】

おおいた動物愛護センターに、2月の開設から8月までの半年間で約1700匹の猫が持ち込まれました。

同センターの収容能力を上回り、譲渡も追い付かず、やもえなく、8割が殺処分されています。

 

大分合同新聞記事より

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/08/31/JD0058433479

 

このペースで考えると、当然の事ながら、愛護センターでは処理しきれないと思います。

冷たい言い方になりますが…「野良猫に安易に餌などを与えないで下さい」

可哀想だからと行った行為が、今、野良猫を増やし、結果的には殺処分されてしまう…という現状になっています。

 

【2019/9/1】

PAGE TOP