猫の殺処分ゼロ

【2015/12/31】

東京都千代田区。

ここでは、行政とボランティアが協力して、野良猫を不妊・去勢して地域で世話する「TNR」や、

家庭への譲渡までつなげる「TNTA」の活動をしています。

そうした活動の結果、2011年から猫の殺処分ゼロを続けています。

 

2013年度に全国で殺処分された猫は99671匹(環境省統計)

東京都の動物愛護相談センターでも、1049匹が殺処分されました。(2014年度)

 

千代田区では、主に3つの取り組みが行われています。

詳しくは(http://sippolife.jp/article/2015122100006.html)

①「TNR」(Trap捕獲/Neuter不妊・去勢手術 /Return元の場所に戻す)

②「TNTA」(Trap捕獲/Neuter不妊・去勢手術/Tame人に慣らす/Adopt譲渡する)

③傷病の猫のレスキュー活動

 

こうした取り組みが効果を生み、2011年以降、千代田区から東京都の動物愛護相談センターに引き取られ、殺処分された猫はいないという結果をもたらしているんですね。。。素晴らしいです☆彡

【2015/12/31】

PAGE TOP