絶滅種ニホンカワウソの足跡?

【2018/4/8】

絶滅したとされるニホンカワウソの目撃情報が栃木県那須町沼野井地区で相次ぎ、町民有志でつくる「なす魚類調査クラブ」がカワウソに詳しい専門家に協力を求め、本格的な調査に乗り出します。

目撃情報は、昨年8月に1件、10月に2件続きました。

昨年12月にはクラブ員が川辺の土管の中で、ニホンカワウソとよく似た7センチほどの足跡を見つけてカメラで撮影しており、関係者は「本物ではないか」と期待しています。

ニホンカワウソはイタチ科の哺乳類で、以前は北海道から九州の水辺に生息していました。

しかし、乱獲や環境の変化などで個体数が減少し、環境省が2012年に公表したレッドリストで「絶滅種」になっています。

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000009-mai-life

 

私たちの知らないどこかで、ニホンカワウソは、きっと生き延びていますね…

また、いつか、私たちの前に姿を見せにきてくれるまで…

見たい気持ちもありますが、そっとしてあげて欲しい気持ちもあります…(^_^)

 

 

【2018/4/8】

PAGE TOP