老犬救助の途中で犠牲に…

【2018/7/7】

停滞する梅雨前線の影響による記録的な大雨は7日も、西日本を中心に降り続いています。

各地で河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が拡大し、救助活動が続いています。

毎日新聞によると、全国で51人が死亡、1人が心肺停止、安否不明者は少なくとも76人。

 

福岡県筑紫野市の女性(68)が老犬救助の途中で亡くなられました。女性は、ボランティアで老犬の介護を行っており、6日午前、犬に餌をやるため山中の保護施設に行っていたそうです。「雨がひどく犬を避難させたい」と正午ごろ、ボランティア仲間の女性が山崎さんから相談の電話を受け、救助を要請。数時間後、消防が駆け付け、避難している途中で土石流に襲われ、山崎さんが安否不明となり、その後水路で心肺停止状態で見つかり死亡が確認されました。

 

 

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 

安否不明の方が、どうか無事に避難されていますように…。

 

 

 

【2018/7/7】

PAGE TOP