葛西臨海水族館のクロマグロ 残り2匹

【2015/2/26】

葛西臨海水族館のクロマグロが昨日1匹亡くなり、残り2匹になってしまったという悲しいニュースがありました。。

昨年12月末の大量死から数が減り、あの大きな水槽にはもう2匹のクロマグロしか泳いでいません。

死因について、病理検査を依頼している複数の検査機関のうち一機関から、ウイルスが検出されたとの報告があったそうですが、同数のマグロが戻るまでには最低でも3年はかかるとのことです。

(クロマグロの世代交代をスムーズにするために、一度に大量購入せずに約3年に分けて搬入するため)

また、ウイルスの特定が進まない場合は、水槽に「シュモクザメ」を数匹入れる可能性もあるそうです。

 

いずれにせよ、水槽の魚たちに何か不都合な事がおきた事は事実です。

早く原因を追究し、確かな答えを出してほしいです。

あと2匹のクロマグロはどうか生き続けて欲しいです。

 

【2015/2/26】

PAGE TOP