警察犬や飼い犬の死、ドックフードが原因の可能性(豪)

【2018/3/27】

突然餌を食べず痩せ細り、衰えていく犬がオーストラリアの各地で相次ぎました。

その原因が「あるペットフード会社が製造しているドッグフードでは?」と問題になり、このペットフード会社は自主的に特定の商品を回収しています。

動物病院などで「トップクオリティ」と推奨されているドッグフード「Advance Dermocare(アドバンス・ダーモケア)」を製造しているペットフード会社「Mars Petcare Australia(マーズ・ペットケア オーストラリア)」は、このほどこのドライドッグフードの3kg、8kg、15kgの商品全ての自主回収を余儀なくされました。

発端となった時期は昨年12月…ビクトリア州ビクトリア警察でこのドッグフードを食べたジャーマン・シェパードやラブラドールなどの警察犬9頭が回復の見込みのない病にかかり、1頭が安楽死となりました。

さらにオーストラリアの複数の州で何十頭という犬が同様の症状で死亡していたことも発覚したとの事です。

詳しくは

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180327-95713364-techinq

 

地球上には、数えきれないほどの食べ物があり、はっきり言って、どの食べ物が良いか悪いか…分かりません。。

ただ、作った方や場所などが記されていると、少し安心しますよね…

ましては、動物病院が推奨してくれているドックフードなら100%大丈夫だと信じてしまいます。

 

こういうニュースがながれると、もう、何を信じたら良いのか、分からなくなります。

 

【2018/3/27】

PAGE TOP