超党派の動物愛護議連が発足 犬猫殺処分ゼロ目指す

【2015/2/14】

年間10万匹を超える犬猫の殺処分をゼロにすることを目指す動物愛護議員連盟(尾辻秀久会長)が12日発足し、国会内で設立総会がありました。

 

 事務局長に就任した福島瑞穂参院議員は

「動物愛護の中でも緊急の一番実現したいこととして、殺処分ゼロを議連の最大の獲得目標としてやっていきたい」とあいさつ。

賛同者の女優杉本彩さんも「こんなに命を軽視する社会や国ではいけない。何をしたらいいのかを皆さんで考えてもらいたい」と強く語りました。

 

人と動物が共存するこの地球で、どの命もかけがえのないものです。

動物たちの命を守る為、多くの方、団体の方が動いています。

殺処分が最終的にはゼロになる事を願います。

そのためには、ペットを飼われている方1人1人の気持ちの持ちようでかわれます。

私たちにできる事はたくさんあります。

 

 

 

 

 

【2015/2/14】

PAGE TOP