野生のイノシシへワクチン投与

【2019/3/1】

古田肇岐阜県知事と小里泰弘農林水産副大臣は1日、家畜伝染病「豚コレラ」の感染拡大防止策として今月着手する野生イノシシへの経口ワクチンの投与について連携することを確認しました。

記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00118586-gifuweb-l21

 

野生イノシシが穴を掘って餌を取る習性を利用し、トウモロコシ粉などに包んだ液状ワクチンを地中に埋めて食べさせる方法を、今月中旬から岐阜県と愛知県の一部で実施するそうです。

 

やり方には、賛否両論あるようですが、この方法で、被害がこれ以上広がらなくなることを期待したいです!

 

 

 

 

【2019/3/1】

PAGE TOP