飼い主入院で柴犬20匹放置

【2018/1/20】

高齢の飼い主の入院により、静岡県藤枝市岡部町の山中にあるトタンで囲われた土地にシバイヌ20匹が取り残されました。

以前から、この飼い主には、地主や保健所が再三、適正飼育を求めたものの、聞き入れられなかったそうです。

 

詳しくは

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00010000-sippo-life

 

このような「多頭飼育崩壊」は社会問題になっています。

ペットたちの衛生状態や近隣への異臭など…

お世話が出来る環境が整っていなければ、多頭飼育をする事は絶対にしてはいけないことです。

 

動物が好きで大切にしたい気持ちがあるのであれば、ペットの気持ちを1番に考えてあげてください♡

 

 

 

【2018/1/20】

PAGE TOP