飼育員死亡の動物園、猛獣の展示再開

【2018/10/26】

平川動物公園(鹿児島市)でホワイトタイガー「リク」の飼育員男性が死亡した事故で、同園は27日から、ホワイトタイガーを含む猛獣の展示を再開。

利用者から「リクを殺さないで」などの手紙や電話が数多くあったそうです。

また、遺族からの「飼い続けて」という思いもあり、今回の再開につながったとの事です。

 

平川動物公園ホームページより

立入規制エリアの解除について

 

人に飼育されていても、生まれ持った野生の本能は消して消える事はありません。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りします

 

このような事が2度と起こりませんように…

 

 

 

【2018/10/26】

PAGE TOP