骨軟骨異形成症

【2018/11/2】

「骨軟骨異形成症」とは、遺伝子の作用により骨が十分に成長しない病気です。

 

垂れた耳とまんまる目の猫、スコティッシュフォールド。

その人気の垂れ耳はまさに、骨軟骨異形成症です。

耳だけではなく、本来クッションとして関節を保護する軟骨までが骨のように硬くなってしまいます。

すると、四肢の関節、とくに足首が動かなくなったり、痛みが生じて歩くのをためらう様子が見られ、痛みの程度によっては歩行が困難になります。

 

繁殖を禁止させるべきだという動きもある中、それがなされていないのは…

人気があり、売れるから。

 

動物愛護管理法の順守事項に、業者は遺伝性疾患のある動物をつくるとか売ってはいけないとあります。

自治体は指導、勧告、命令ができるとありますが…

処分が下されるどころか放置されている状態です。

 

ペット産業は今後どのようになって行くのか、不安でいっぱいです…

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018/11/2】

PAGE TOP