あってはならない獣医師

【2018/12/12】

女子プロレスラーの長与千種さんは、自身の率いるプロレス団体マーベラスで、保護犬の譲渡会を行っています。

その中のパグ(みつお君)が不本意な形で亡くなってしまった事をインスタグラムに綴っています。

 

インスタグラム

View this post on Instagram

皆さん みつおくん 虹の橋を掛けて行きました。 みっちゃんは 頑張って手術に臨んだのです。 朝ごはんも 我慢して 医術を持つ者の場に 全てを任して行ったのです。 人間も動物も生有る者 病気になれば 医術持つ者に 全てを託す。 術が必要ならば どんな術式で その為に必要な 麻酔、リスク 全てを話して 初めて術になる。 説明以外の術をする その 危険性も家族の同意もなく 結果 何故?死んだのですか? [わかりません] わかりません?? もし これが四つ足の動物でなく 二本足で歩く人間ならば [わかりません] で、済むのでしょうか? みつおは 上顎の裂傷でした。 その 裂け目は喉近くまで。 奥の縫合だけのはずが 何も同意無く 勝手に手前まで いっきに? 医術を持つ者は こうも話した。 短頭種(鼻ペチャの子)は 麻酔が難しい! 他の犬種よりリスキーだ 私が術した例では 始めて亡くなったが。 その言葉に 先生は短頭種の手術を行う時 麻酔が大丈夫か大丈夫じゃないか 賭けでやってるのですか? 医術者は [そうですね。] こんな医術者だとは わからなかった。 私達には医術の知識も術式のスキルも持ち合わせていない。 だから 医術者に託した 小さな身体で 大き過ぎる命 今は もう 虹の橋へ そんなんで 動物医者やってるなよ 謝りも 説明もない わからないとか 賭けでやってるとか 最初に言って欲しかった。 医術者4人 学校からやり直すか 二度と医術に携わるな。 みっちゃん 守れなくて ごめんなさい。 ごめんなさい。 皆さん 守ってあげれなくて ごめんなさい。

A post shared by Chigusa Nagayo長与千種 (@chigusanagayo) on

 

 

説明以外の術をする
その 危険性も家族の同意もなく

結果

何故?死んだのですか? [わかりません]

わかりません?? もし これが四つ足の動物でなく
二本足で歩く人間ならば [わかりません]

で、済むのでしょうか?

みつおは
上顎の裂傷でした。
その 裂け目は喉近くまで。
奥の縫合だけのはずが
何も同意無く 勝手に手前まで
いっきに?

医術を持つ者は
こうも話した。

短頭種(鼻ペチャの子)は
麻酔が難しい!
他の犬種よりリスキーだ
私が術した例では
始めて亡くなったが。

その言葉に

先生は短頭種の手術を行う時
麻酔が大丈夫か大丈夫じゃないか
賭けでやってるのですか?

医術者は [そうですね。] こんな医術者だとは
わからなかった。
私達には医術の知識も術式のスキルも持ち合わせていない。

(長与千種さんインスタより)

 

悲しすぎます。

酷すぎます。

家族でこのインスタを読み、強い怒りを感じています。

このような気持ちで獣医師になれるのでしょうか!

 

絶対に許せません!!

 

 

 

【2018/12/12】

PAGE TOP