タスマニア州の動物保護施設

【2019/1/12】

本日の天才!志村どうぶつ園は、DAIGOさんがオーストラリアのタスマニア州に行った時の場面でした。

そこには、日本とは全く違う動物保護施設がありました。

日本では、ほとんどが犬や猫の保護施設ですが、そこは、まるで動物園?のような場所…

 

しかしそこには…

 

絶滅してしまいそうなタスマニアデビル

火事の中から助け出されたハリネズミ

親が死亡し、残されたコアラの赤ちゃん

死亡した親の袋の中にいたカンガルーの子

などなど…

たくさんの動物たちが何らかの事情で保護されているとのことでした。

 

動物たちが街中を普通に歩き生活している場面には、少しヒヤヒヤしました。

閑静な住宅街でしたが…やはり、車などは通っています。

道路を連なって歩くペンギン。

昼間は良いですが、夜道はとても危険ですね。

現に、カンガルーなども多数事故で死亡し、道に横たわっているそうです。

保護施設の職員がそれを見つけ、持ち帰り、タスマニアデビルの餌として与えていました。

 

タスマニア州の方々は、皆さん動物愛護の気持ちが高いですね。

動物を最優先にして生活している事にとても感銘を受けました。

 

【2019/1/12】

PAGE TOP