2歳児、南アフリカの安全区域で襲われ死亡

【2019/6/7】

南アフリカのクルーガー国立公園で5日、フェンスを越えて安全区域に侵入してきたヒョウが2歳の子どもを襲う事故があり、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

子どもは公園職員の息子だったそうです。

 

記事

https://www.bbc.com/japanese/48551844

 

通常ヒョウは人間を恐れて近付いてこないとの事です。

クルーガー国立公園はこうした襲撃は「極めてめずらしい」と説明。

一方、このヒョウは「危険を排除するため」に殺されたそうです。

 

いくら人に慣れている動物たちも、やはり野生の本能は消えません。。

 

 

 

 

【2019/6/7】

PAGE TOP