ペット葬儀マップ Staff Blog

【あなたは何をする?】9月20日~26日は動物愛護週間です!

9月20日~26日は動物愛護週間という事をご存知でしょうか?

動物愛護週間は季節イベントではなく、法律で定められた特別な週間です。

動物を愛し、動物と人間の絆を強めることを目的として定められた記念週間です。

恥ずかしながら、このような行事があるとは今まで知りませんでした(;^_^A

おそらく私同様に知らなかった!という方も多いでしょう。

そんな方々に、動物愛護週間について知っていただきたくコラムを書く事にしました。

1.動物愛護週間は何をする?

動物愛護週間がある。という事は分かりましたが、実際にその期間に何をすればよいのか?

動物愛護と聞くと「動物をかわいがる」「動物を保護する」「里親になる」など動物のために何かアクションを起こすための期間なのか?

考え方は人それぞれだと思いますが、そんなに重く捉える必要はありません。

動物を飼っている方であれば、ペットと過ごす時間をいつもより増やしてみるだけでも良いと思います。家族で動物について話し合うのでもよいと思います。

2.動物愛護イベントに参加してみる

動物愛護週間中は国、地方自治体、関係団体などが協力して各種イベントを全国各地で開催しています。

そのイベントで一番有名なのが、環境省や東京都が関わっている『中央行事 どうぶつ愛護フェスティバル』です。


http://www.doubutsuaigo.net/fes.html

今年は、9/14(土)11:00~16:00に上野恩賜公園 噴水前広場 (竹の台広場)で行われます。

ご興味がある方はこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

3.ペット葬儀社としてできる事

動物愛護週間は国や各都道府県・各獣医師会が協力し国民のために行っている啓発活動です。

ペット葬儀社として、この活動のお手伝いをすることはペット葬儀業界の普及活動にもつながると思います。

■各地域イベントにボランティアとして参加する。
■イベント内にブース出展を考える。

これから動物を飼おうと考えている方へ「命」の大切さを伝えたり、動物の最後をどのように迎えるべきか?(生前相談)等を呼びかけることも動物愛護の一環だと思います。

動物をかわいがるだけではなく「動物の死に最後まで責任を持つ」という事を意識付けするのはペット葬儀社の役目かなと思います。

その先駆け的存在が、福井県にある「どうぶつセレモニーおおぞら(福井ペット葬儀社おおぞら)」さんです。

どうぶつセレモニーおおぞら代表の坂川さんは、動物愛護週間中は毎年東京まで出向いて動物愛護フェスティバルの手伝いをされています。

お手伝いの様子は、どうぶつセレモニーおおぞらさんのブログにてご覧いただけます。
https://www.oozora.net/blog/?p=12322
https://www.oozora.net/blog/?p=8335

このように、より多くの葬儀社が動物愛護の普及啓蒙活動に参加されることで、業界のイメージアップにもつながると思います。

4.まとめ

今回は動物愛護週間について記事をまとめましたが、私同様にこのような週間がある事すら知らなかった。という方はお近くのエリアでイベントへの参加を検討してみるのもよいかなと思います。

イベント参加ができない方でもこの1週間は、いつもより動物に対して優しく接する気持ちを持つことで十分かなと思います。

またペット葬儀社の方は、この期間にペット葬儀社としてできることを模索し、少しでも動物愛護の普及&啓蒙活動に貢献していただけら嬉しく思います。

PAGE TOP