ハムスターなどの小動物が亡くなったら火葬するの?【プランタ―葬という選択肢】

【2021/1/19】

ハムスターが亡くなってしまったら、どのように供養してあげるのが良いのでしょうか?

私は以前、ハムスターを2匹飼っていました。

太郎と小太郎です。

2匹とも老衰のため亡くなりましたが、私の場合は自宅にちいさな庭がありますので、土葬しました。

ハムスターが亡くなったら、ペット葬儀社で、葬儀・火葬をする方も沢山いらっしゃいます。

当サイトにもハムスターを火葬された方の口コミが多数投稿されています。

ハムスターの火葬をされた方の口コミ

※以下、一部抜粋

お電話の段階から腰の低いお優しい方でした。
ハムスターなので雑に扱われてしまうかもしれないと不安でしたが、最後まで丁寧に対応してくださり大変満足です。
遺骨も、かなり綺麗に残していただけて小さい骨ですが1箇所1箇所説明してくださいました。
まだ我が家にはハムスターがたくさんおりますのでまた頼みたいと思います。
我が家のハムスターが夜中に亡くなってしまい、
早朝に電話をしたのにもかかわらず、丁寧に対応して頂きました。
車を所持していないので、出張火葬のできるところを探していた所ふくふくやまさんを発見しました。
火葬もスムーズに行って頂き、メッセージカードやお供え物のクッキーも頂き、骨壷などセットで1万2千円ということで、お値段もお安く、安心できる点が多かったです。
小さな命ですが、2年8ヶ月、ずっと一緒にいてくれた大切な家族ですので、遺骨を自宅に残しておきたくて火葬を選びました。ふくふくやまさんのおかげで、ずっと一緒にいられます^^
ありがとうございました。
大事に育ててきたハムスターが急に亡くなり、ネットで検索していたらそよふくさんの存在を知り、こちらにお願いしようと決めました。
まず依頼の電話をした時に、とても丁寧にお話しを聞いてくれてました。初めての事だったので安心しました。
当日もとにかく丁寧に説明してくれ、骨壷のアドバイスもくれたり色々考えてもらいました。
火葬の時も優しく声をかけてくれて涙が出ました。
火葬が終わると、骨をとにかく細かく丁寧に集めてくれていて私達の元に返してくれ、色々説明までしていただきました。小さな小さな骨や爪まで確認できました。
人間の火葬よりも丁寧で、本当に心がこもっていて嬉しく思いました。泣いていた娘も私も、なんだか心が晴れた気がしました。
そよふくさんの優しさに感謝します。
心のこもったお見送り、ありがとうございました。
先日は大変お世話になりました。
息子が大事に世話をしていたハムスターが急死し、火葬をお願いしました。
ただでさえ小さい体ですので、骨が残るものなのか想像がつかなかったのですが、頭、歯、脚など、素人の私が見てもわかるほどキレイに残っていて、ちょっと感動でした。
丁寧に焼いて下さったんですね。
スタッフさんが、「これが頭で…」等、一つ一つ説明して下さり、息子も泣くのを忘れて興味津々で聞き入っていました。
購入したハムスターの小さな骨壷も大変気に入っており、毎晩手を合わせております。
息子にとって、命について考えるきっかけになったようで、火葬をお願いして本当に良かったと思いました。
初めてで不安だったのですが、とても丁寧にしていただけて安心しました。
施設もとても綺麗で、親切に対応していただき、感動しました。
寿命も考えて以前から調べてはいましたが、いざ亡くなって、どうしようと思ったのですが、こちらにお願いして本当によかったです。
小さいハムスターでも心のこもった対応が非常に嬉しかったです。

これらの口コミを見ていただくと分かりますが、飼い主にとってはハムスターも大切な家族の一員です。

犬や猫同様に、最期はしっかりと火葬してあげたいと思う方もいらっしゃいます。

また、ハムスターの様な小動物でも火葬後に骨は残りますので立会いの元、拾骨も可能ですが、実際はハムスターを飼っている方の多くは私の様に土葬しているのではないかなと考えています。

しかし、アパートやマンションにお住まいの方は土葬する場所がそもそもない。という事も考えられます。

ハムスターは土葬ではなくプランター葬

そこで、オススメしたいのがプランター葬です。

プランター葬とは、お花や野菜を育てるプランターにご遺体を埋葬し、供養する方法です。

ハムスターに限らず、鳥や爬虫類などの小動物が亡くなった時にプランター葬を検討される方が多くいらっしゃいます。

プランター葬は亡くなったペットを土に還すという意味では環境にも良い供養方法ではありますが、1つ注意点があります!

亡くなった動物が土に還るまでには、30年以上はかかると言われています。
※火葬して骨になった状態で10~15年かかります。

思っている以上に長い年月がかかりますので、プランター葬をする際は最後までしっかり責任をもって管理できるかをよく考えましょう。

ハムスターのプランター葬に必要なモノ

それでは、プランター葬を行う際の手順をお伝えします。

1.プランター
ハムスターが十分に入る大きさ

2.受け皿
プランターの下に置く水受け皿

3.土(培養土、腐葉土)
100均の園芸コーナーにある土でOK

4.花の種、苗
ご自身の好きな花の種や苗を植えます

5.鉢底石(軽石タイプ)
土の水はけをよくするためです

6.鉢底ネット
ナメクジなどの害虫が侵入しないように必要となります

用意するモノは、上記の6つです。

ハムスターのプランター葬のやり方

それでは、プランター葬のやり方について説明します。

① プランターの底に鉢底ネットを敷きます。

② 2~3cmの高さで鉢底石を敷きます。

③ プランターの1/3の高さまで土を入れます。

④ 土の真ん中あたりに少し凹みを作りそこにハムスターを寝かせます。

⑤ ハムスターの身体が隠れるくらい土をかぶせましょう。

⑥ 土を足し、花の種 or 苗を植えたら、プランター葬の完成です。

こちらの手順を、分かり易く説明している動画を見つけましたので以下よりご覧ください。

まとめ

プランター葬は誰でも簡単に出来るため、ハムスターや小動物の供養方法としては最適となりますが、亡くなった遺体が土に還るまでには30年位以上かかるという事も忘れてはいけません。

植物も枯れてしまったら新しい花の種や苗に変えるなど、愛情をもって育ててあげることがプランター葬の醍醐味でもあります。

火葬・土葬・プランター葬など飼い主によって考え方は様々です。どれが正解ということはありません。

大切なのは、後悔のないお見送りをするということです。

それがペットにとっても残された家族にとっても幸せなことだと思います。

ペット葬儀でお困りの方はペット葬儀ホットラインをご活用下さい

私たちペット葬儀マップではペットの火葬等で悩んでいる方々がいつでも相談できる窓口【ペット葬儀ホットライン】を開設しております。

・ペット火葬業者を紹介して欲しい!
・ペットの安置ってどうやればいいの?
・服装はどうしたら良い?

ペット火葬をする上で心配・不安な事があれば一人で悩まずに、以下のペット葬儀ホットラインにご連絡ください。

ペット葬儀ホットライン電話番号

▲LINEでは24時間いつでもお問合せいただけます

ペット霊園専属のスタッフ、ペット葬儀マップ運営陣がしっかりと対応させていただきます。

少しでも皆さまが安心できるペットのお葬式ができるように、私たちは皆さまがペット葬儀の中で知りたい事、為になる事、大事な家族のお別れについて、なんでもご相談させていただきます。

PAGE TOP