ペット葬儀社 1413
口コミ 5372(2021/09/21現在)
コラム column
その他

ペットが迷子になってしまったら?【迷子犬掲示板・ペット探偵・迷子保険】

ペットが迷子になってしまったら?【迷子犬掲示板・ペット探偵・迷子保険】

先日、私の友人のワンちゃんが新宿で迷子になってしまいました。

タクシーのドアが開いて友人が支払いをしていた時に外に出てしまい、その後行方が分からなくなりました。

友人は、パニック状態で私に「犬が迷子になったから、迷子用のビラを作ってほしい!」と電話がありました。

迷子になったワンちゃんの写真を送ってもらって、直ぐにビラを作り友人に届けました。

迷子になった新宿周辺でビラ配りを手伝ってあげている時に、友人の携帯が鳴りました。

警察からでした。

ワンちゃんを保護したから、豊島区の○○警察署まで来て欲しい。

という事でした。

どうやら、迷子になったところから4-5km離れた場所で無事に保護されたようだったのです。

迷子になって3時間は経っていました。

友人は疲労困憊で、涙を流しながら喜んでいました。

見つかって、そして無事で本当に良かったと、心から思いました。

捜索中は、見つかる事だけを信じてビラを配ったり、辺りを見回していましたが、ペットが迷子になった時ってどのように対応すればよいのだろうか?

きっとなんかよい方法があるはず!

そう思い、迷子犬の捜索方法を検索してみました所、色々と面白い(便利?)なサービスを見つけましたので皆さんとも共有したいと思います。

・迷子ペット.NET「迷子ペットの総合情報サイト」
・ペット捜索「ジャパンロストペットレスキュー」
・ペットの迷子保険「ねこもに」
・警察

迷子ペット.NET「迷子ペットの総合情報サイト」


⇒公式サイトはこちら


迷子ペット専用のポータルサイトがありました。

迷子犬・迷子猫に特化したコンテンツや情報が盛りだくさんです。

中でも驚いたのが「迷子犬・迷子猫掲示板」です。

こちら見ていただくと分かりますが、全国で毎日の様に迷子犬・迷子猫の情報がアップされています。

毎日こんなにも多くのペットが迷子になっているんだと思うと、悲しくなります。。。

ちなみに、私は東京都墨田区在住ですが、東京都では迷子犬325頭・迷子猫848頭(発見済込み)が投稿されていました。

このような掲示板は沢山の方が見ることによって、迷子ペットの発見率も増えるかと思いますので、今回紹介させていただきました。

ペットの捜索「ジャパン ロスト ペットレスキュー」


⇒公式サイトはこちら


ペット捜索のスペシャリスト?

動物行動学(エソロジー)に基づき捜索・保護を行なう迷子ペット捜索のパイオニアです。

なんか、凄そうですよね(笑)

数多くのメディアでも取り上げられており、どうしようもない時はプロにお願いしてみるモノ有りかと思います。

気になるお値段ですが…

■各種猫、小型犬、他小動物
¥74,000(税抜)/計3日間、1日8時間の捜索を実施(深夜捜索も同料金)
■中型犬、大型犬
¥84,000(税抜)/計3日間、1日8時間の捜索を実施(深夜捜索も同料金)

発見率は、猫が約85%、犬が約80%、その他小動物が約75%とかなり高確率で発見しています。(HPのFAQに記載あり)

注意点としては、成功報酬型ではありませんので万が一見つからなかった場合でも報告書を提出し、料金は支払う必要があるようです。

ペットの迷子保険「ねこもに」


⇒公式サイトはこちら


続いては、ペットの迷子保険!

「ねこもに」は上記で挙げた「ジャパン ロスト ペットレスキュー」と「東京海上日動火災保険株式会社」が共同で行っている「ペット探偵による ねこ捜索サービス保険」です。

ねこもにに加入すると、発信器が渡され、専用アプリに発信機の番号と氏名を登録が必要になるようです。

補償期間は1年。(おそらく自動更新型?)

捜索費用が保証されるようです。

HPにあまり詳しく書かれていないので詳細は不明ですが、犬は対象ではなく猫を飼っている方向けの保険です。

保険の金額もいくらかが明記はありませんでした。

中途半端な紹介となり恐縮ですが、気になる方は直接「ねこもに」に問い合わせてみて下さい。

警察


⇒公式サイトはこちら


ペットが迷子になった時にお住いの近くの警察に相談するのが一般的かと思います。

ただし、役所や警察へは迷子届や飼い主の連絡先を伝えるだけで一緒に探してくれるわけではありません。

財布などを落としたときと一緒ですね。

基本は、ご自身で探すことになりますが、私の友人の場合は、誰かが見つけて警察に保護されましたので、とりあえず警察へ迷子届を出しておくのが良いかと思います。

まとめ

今回は私の友人のエピソードを元に「ペットが迷子になった際の対応策」をまとめてみました。

迷子にならない様にしっかりとリードをして管理することが重要ですが、万が一迷子になってしまったら、これらのサービスを活用してみるのも有りかと思います。

ペット葬儀でお困りの方はペット葬儀ホットラインをご活用下さい

私たちペット葬儀マップではペットの火葬等で悩んでいる方々がいつでも相談できる窓口【ペット葬儀ホットライン】を開設しております。

・ペット火葬業者を紹介して欲しい!
・ペットの安置ってどうやればいいの?
・服装はどうしたら良い?

ペット火葬をする上で心配・不安な事があれば一人で悩まずに、以下のペット葬儀ホットラインにご連絡ください。

ペット葬儀ホットライン電話番号

▲LINEでは24時間いつでもお問合せいただけます

ペット霊園専属のスタッフ、ペット葬儀マップ運営陣がしっかりと対応させていただきます。

少しでも皆さまが安心できるペットのお葬式ができるように、私たちは皆さまがペット葬儀の中で知りたい事、為になる事、大事な家族のお別れについて、なんでもご相談くださいませ。